ランドクルーザー 中古車情報。

トヨタのランドクルーザー(ランクル)。200系も発売され、相変わらず好調な売れ行き。前モデルの100系も未だ中古車市場では超人気、高価格で販売されています。

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ ランドクルーザー60 GX US仕様 シボレーV8公認 5.7Lトヨタのランクルシリーズ。
「キング・オブ・4WD」の名を不動のものとしているその長い歴史において、様々な人気モデルが販売され続けています。
フルモデルチェンジされた200系の新車はもちろんのこと、中古車市場でどのモデルも高い人気を維持し続けていて衰える気配はありません。
大きく分類して「ランドクルーザー」には3つのタイプが存在します。
ひとつが「70」(ナナマル)系と呼ばれ、基本的に昔からの良い伝統を受け継ぐ末裔で、オフロードのヘビーデューティなタイプであります。
2つ目は9年振りにフルモデルチェンジされた200系で、ランクルの中で最も大きく一番高級なSUVです。
3つ目に、今回紹介する「ランクルプラド」が存在します。
プラド誕生はもともと70系を基本に、オンロードでも走り易い乗用ワゴンの性質をもって登場しました。
同社のハイラックスサーフとシャシーを共用する乗用専用のSUVではありますが、その分用途も広がりファンも多く、街中でも沢山走っているのを見かけます。
既に基本の70系の面影はありませんが、家族を乗せて走れる高級SUVとして多様な用途で活躍をしています。
ランクルプラドは、トヨタSUVの中での位置付けとして、三菱のパジェロに競合するに価し、ヨーロッパSUV専門メーカーのランドローバーで例えると、70はディフェンダー、プラドはディスカバリーに価するのではないでしょうか。

スポンサードリンク

サイトマップ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。