ランドクルーザー 中古車情報。

トヨタのランドクルーザー(ランクル)。200系も発売され、相変わらず好調な売れ行き。前モデルの100系も未だ中古車市場では超人気、高価格で販売されています。

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ ランドクルーザー70 PX10 ネオクラシック オートマ4754WD車の王者と言えるランクルの歴史。
トヨタのランクルの歴史は長く、1951年に「トヨタジープBJ」と言う名称で目的は警察のパトロールカーとして誕生しました。
今回のランクル200で9代目となりますが、自動車生産の最新技術をその都度搭載し、毎モデル満足できる仕様となっています。
今やランクルは世界トップクラスのSUVである事は誰もが認める所でしょう。

ランクルは長い歴史で培ったネームバリューと、最高級のSUVとして重厚感の漂うボディーから、ユーザーに与えるそのインパクトは決して衰えません。
今回モデルチェンジされたランクル200も最新機能を盛り込み、又、快適性も安全性もグレードアップして誕生しています。
オフロード走行面も、その長い歴史で築き上げた車両の強度、耐久性、信頼性を更に進化させ、世界最高峰の動力性能を搭載しています。

前モデルとなるランクル100より若干のボディーサイズ拡大をしており、室内長は従来比175mmの延長が施されています。
特にそれぞれの座席の空間にゆとりが感じられる事でしょう。
室内長はフロントピラーを前出したキャビンフォワードによって延長が可能となり、ユーザーに評価の高いボディーサイズを変えることなく、キャビンのゆとりを拡大できています。
オンロード性能も高級車に劣ることなく、乗用車から乗り換えたユーザーでも違和感を感ずることは無いでしょう。

スポンサーサイト

トヨタ ランドクルーザー100 VXリミテッド Gセレクション SR AHC 純スポイラー トヨタのランクル。
現在は200系も発売され、相変わらず好調な売れ行きですが、200系の前モデルである100系も未だ中古車市場では人気も高く高価格で販売されています。
100系が販売、モデルチェンジされたのは1998年1月ですが、前モデルは60系となります。
60系もマニアに高く指示されている車種で人気が高いですが、100系の魅力について考えていきましょう。

「ランドクルーザー」は数多いRV車の中で、その価格からも伺えますが機能面や安全性でも最高級クラスと言えます。
こだわりを持ったユーザーに好まれ、愛用されています。
100系は伝統のある悪路走破性、機動力、耐久性を更に進化させ、又、プレステージ性や安全性についても最高品質を実現しています。
RV車としての機能も十分ですが、どちらかと言うとSUVを意識したモデルではないでしょうか?
悪路走行を楽しみたいユーザーにも、街中クルーズを目的としたユーザーにも高い評価を受けており、この先も長く人気を持続するでしょう。

100系にはワゴンとバンがあり、ワゴンは3列シートの8人乗り、バンは2列シートの5人乗り仕様になっています。
共にセカンドシートのリクライニングや脱着機能による多彩なシートアレンジが可能です。
エンジンはワゴンが4.7リッターのV8DOHC32バルブ、バンには4.2リッターインタークーラー付EFIディーゼルターボを搭載しており、パワーは十二分です。

トヨタ ランドクルーザープラド SXワイド Newブラックカスタム SR2007年に9年8ヶ月ぶりのモデルチェンジをした「ランドクルーザー」
今回200系モデルになるが、トヨタのランクルは世界的に人気のRV車である。
悪路走行はもちろん、その高い操舵性と安全性、高品質では他社のRV車を相手にしない程である。
他乗用車などと違い、9年8ヶ月と長いモデルライフを続けられるのも、市場での高い人気が持続しているからである。
近年、自動車業界においても安全、環境対応は必須の条件になっており、今回200系へのフルモデルチェンジでランクルはどう進化したのだろう。

インテリア、内装では前モデルの100系と同じ「SUVのレクサス」と言うイメージを受ける。
上級グレードの「AX Gセレクション」は、540万円と高額ではあるが本皮シート装備で、RV車と言っても十二分に高級車と言える。
日本車でありながら室内空間もかなり広く設定されており、普段はあまり使用されない3列目シートも少々姿勢に難はあるが十分実用できるだろう。

100系よりも更に丸みを帯びた感じを受けるが、堂々たるスタイルは「ランドクルーザー」と一目で認識できる。

エンジンは100系と基本的に同じ4.7リッターのV8エンジンを搭載し、パワーは288馬力と53馬力増となっている。
他車種のV8エンジンを搭載しているクラウン、マジェスタなどの高級車と比べても静かで滑らかであり、とてもRV車の域では無いと感じる程である。
動力性能に不満を感じるユーザーはほとんど居ないのではないだろうか。

トヨタ ランドクルーザー60 GX US仕様 シボレーV8公認 5.7L 2007年、フルモデルチェンジをしたランクル200系の悪路走破性や一般道の走行性についてはどうでしょうか?
前モデルの100系では、ユーザーからの不満が多かったのはRV車なのですが悪路走破性であった様です。
理由としては100系からフロントのサスペンションが独立懸架となった為なのですが、今回の200系ではその反省からオフロード機能が大幅に強化、改善されています。

また新しく搭載されたオフロード機能としては、3段階ある「クロールコントロール」と言う自動スピードコントロール機能ですが、悪路や傾斜のきつい上り坂、下り坂でも安全に走行が出来ます。

市街地など一般道の走行においても、車重が2.5トンもある車とは思えないほどハンドリングが楽しく仕上がっています。
オンロードでランクルを楽しむユーザーも多いと思いますが、前モデル同様、それ以上に進化していると言えるでしょう。

高価な車である為、気軽には買い換えや新規購入できないと思いますが、一度ご検討されてはいかがでしょうか? ランクルは、100系のみならず、80系、60系と歴代も市場では未だ大変人気の車種であり、ランクルからランクルへ乗り換えるのであれば、かなり下取りも高く引取ってくれる場合が多いです。
オン、オフ両方の機能を兼ね備えた高級SUVとして確固たる地位を誇示しているランクルは、一度はユーザーとなってみたい車ではないでしょうか。

トヨタ ランドクルーザー60 VX ターボ リフトアップカスタム602 トヨタのランクル200は、新開発のプラットフォームを導入し、RV車の命とも言えるフレーム、サスペンションを一新しています。
世界ナンバーワンと言っても過言ではないトヨタの最新テクノロジーを搭載し、前後左右の独立したオートエアコンをはじめ、アメニティも十分満足できる内容となっています。

デザインはその長い歴史と伝統を受け継ぎ、ひと目で「ランドクルーザー」と分かるアイデンティティを持ちながら、その上最新のデザインの魅力を持ち合わせています。
エクステリアは、力強さをベースに、しかも近代的なデザインテイストでまとめられています。
伝統的である屈強なイメージで強靭な走りを思わせる迫力満点のシルエットは、従来のランクルの良い所を継承し、又、十分高級車感も漂うデザインテイストでしょう。
顔でもあるフロントフェイスは、4WDの王者の風格を感じさせ、ボディーの重厚感、一体感からより近代的な力強さが感じられます。

台形を逆にした形の存在感溢れるグリルは、「4WDの王者」を意識させる意匠となっています。
左右に設置されたヘッドライトもキリリとした表情をより強調し、つり目の様なターンライトと合わせて精悍なデザインに仕上がっています。
さらにフロントバンパーは、フェンダーと同色になっている為、伝統のあるランクルをモダンに表現しています。

ランクル100から200へフルモデルチェンジされた事で、迫力満点な「ランクルの顔」は更に進化しました。

スポンサードリンク

サイトマップ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。